閲覧回数人気ページランキング

1位 動画で学ぶ! うまく弾けるように見せるコツ ⇒ 【早く簡単に弾ける方法】

 

2位ペンタトニックされマスターすれば… ⇒ 【アドリブソロに挑戦】

 

3位1日5分の簡単トレーニングでレベルアップ! ⇒ 【指を鍛える】

コード表を卒業しよう

エレキギター コード表

 

ギターを始めて間もない頃は、知っているコードなんて
2つか3つくらいしかありませんよね。

 

それで、新しいコードが出てくるたびに、コード表を見ながらあたふたする。
なんてことは誰でも経験していることでしょう。

 

では、上級者になった人は全てのコードを憶えているのでしょうか?
実はそんなことはないのです。

 

もちろん、頑張って全てのコード表を頭に入れている人もいますが
そんなことをしなくてもコードを弾くことはできるのです。

 

むしろ、コード表を卒業することこそが、上級者への近道になるのです。

 

コードを作ろう

エレキギター コード

 

では、上級者はどうやってコードを弾いているのでしょうか?
答えは簡単です。自分でコードを作っているのです。

 

えっ?コードなんて作れるの?
と思うかもしれませんが、別に上級者の人がみんな天才なわけではありません。
ちょっと指板上の配置を憶えるだけで、簡単にコードが作れるようになるのです。

 

コード作りの基本

ギターでコードを弾くときに重要となるのが、ルート音と3度の音です。
3度の音が半音下がると、マイナー調になります。
これはつまり、ギターで言うと「1フレット分下がる」ということですね。

 

メジャーかマイナーか、どちらかのコードのおさえ方を知っていれば、
あとは3度の音を1フレット移動させるだけで、両方弾けるようになるのです。
まずは、このことを最初に憶えておきましょう。

 

極端な話、この2音だけでもコードとして成立してしまいます。
パワー・コードも、2音だけで構成されていましたね。

 

ここで、指板上の音の配置を図にしてみました。
まずはこの配置を憶えてしまいましょう。

 

pic21.gif

 

 

凄く複雑で、憶えにくいように思えますが、
実際にギターで弾きながら音を出して行けば、簡単に覚えられます。

 

コードを押さえてみよう

まず最初にルートをおさえてみましょう。
次に押さえるのは、3度の音です。
これはメジャー・マイナーの響きを決める重要な音でしたね。

 

セブンス・コードを弾くときは、5度を飛ばして7thの音を押さえてしまいましょう。
ギターは、押弦できる音の数が限られているので、
コードの響きにあまり重要でない5度の音は省略することが多いのです。

 

最後に、コードについているテンション(9thや13thなど)を押さえます。
上の図の配置が分かっていれば、簡単にコードが作れますよね。

 

コード表からの卒業を目指して、まずは目に付いたいろいろなコードを
いろいろと楽しみながら作ってみましょう。


 

 

ギターテクニック レベルアップマニュアル

エレキギター

 

 

エレキギター

最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法の特徴

エレキギター専門マニュアルが登場! 1日7分〇〇するだけで、あなたのエレキギターの上達スピードを数十倍にあげます。長く支持されている人気のロングランマニュアル。

価格 13,980円
評価 評価5
備考 配送版は別途送料1,500円がかかります
 
 

エレキギター

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座の特徴

値段が高いだけのことはあった! 圧倒的コンテンツ量を誇る初心者専門ギター講座。基礎からしっかり学びたい初心者の方はこれで決まり!

価格 29,800円
評価 評価5
備考 送料が別途2,384円かかります。
アコギ向けの教材です
 
 

エレキギター

エレキギター初心者脱出プログラムの特徴

たった5週間で人前で格好良くエレキギターを弾くことができる! 文原寛和氏の初心者脱出プログラム。

価格 8,800円
評価 評価5
備考
 

コード表を卒業しよう関連ページ

ストローク
パワーコード